2009/4/30 木曜日

Sleepwalk

Filed under: FlyFishing,Guide Life,Music — admin @ 23:12:30

羊蹄山-09-04-27

4月27日、7:00。いきなりの雪景色。旅立ちの朝としては上出来でございます。

目指すのは鶴居村、エイモス・ギャレットのライブが目的。

今回は釣り(Fly fishing)好きのエイモスに、北海道の釣りの極一部でも味わってもらおうと、そのお手伝いも兼ねての遠征でございました。

久しぶりの単独長時間ドライブ。

途中、阿寒ドリフトウッドロッジ(コーヒーご馳走様でした!)に寄り道したり、気になる川を覗いたりしながら、ちょっと迷いつつヒッコリーウィンドの安藤さんと無事に合流。たどり着いた鶴居村も雪景色。

鶴居村、ヒッコリーウィンド

中央のおじいさんがエイモス。御歳67歳。そうとうにお茶目。

サポートメンバーの今井 忍 さん(左、gt)、岡嶋 文さん(右、b)も日本のポップス界には無くてはならないお二人(この二人もけっこうお茶目)。素晴らしい!

翌日は、エイモス待望のフィッシングタイム。

Aimos & Me

いざ。

*上4枚、ヒッコリーウィンド安藤さん撮影

生憎の増水と濁りで、釣りになるエリアが限定されていて、けして良好な釣り日和とはなりませんでしたが、エイモスには喜んでもらえたようです。

釣果を聞くのは野暮(坊主ではないですよ)。

それにしても、ほぼ30年の長きに渡って、フェヴァリッツなギタリストであり続けた憧れのエイモスと、食事をして酒を飲んで、釣りをすることになろうとは、夢にも思いませんでした。

肝心のライブの感想は、思い入れの深さから整理が付いていませんが、ものすごく素晴らしかった。とまずはご報告しておきます。詳しくはいずれ。

ヒッコリーウィンドの安藤さん、しのぶさん。スタッフの皆さん。

エイモス、ぶんさん、忍さん。そしてプロモーターのトムスキャビンさん。

楽しくて、感動的な時間をありがとうございました。

ではまた。

2009/4/26 日曜日

Hello Goodby

Filed under: その他 — admin @ 15:17:29

本日の真狩村は霙交じりの雨。

この時期は、雪解け水の影響で川での釣りもままならず、スキーに対するモチベーションも低下。で、なんとも中途半端な気分でございます。

そんな折、千葉に住む、私の叔父が亡くなりました。知らされていなかった事ですが、暫く闘病していたそうです。通夜、葬儀に出席できないのが心苦しいのですが、あの世で親父に会ったら、よろしく伝えてください。じいちゃんとばあちゃん、早世した兄弟たちと、あの世で安らかにお過ごしくださいませ。

さて、明日から久しぶりの遠出です。鶴居村まで行って参ります。

旅(と言っても、3泊4日ですけど)の顛末は、真狩に帰り着いてからポストします。

では。

黙祷。

2009/4/23 木曜日

エイモス・ギャレット ジャパンツアー

Filed under: Music,お知らせ — admin @ 20:15:13

何度も取り上げてはおりますが、エイモス・ギャレットのライブの告知でございます。

今週末(26日)、札幌ペニーレーン。来週の水曜日(29日)、鶴居村ヒッコリーウィンド。となっております。ヒッコリーウィンドさんのブログにもあるとおり、この機会にぜひ至高の唄とギターをご堪能ください。

商品の詳細 商品の詳細 商品の詳細 商品の詳細 商品の詳細 商品の詳細 商品の詳細 商品の詳細ボビー・チャールズ+4(K2HD/紙ジャケット仕様)商品の詳細

アマゾンからエイモス関連のアルバムをいくつかピックアップしてみました。あらためて、名盤の影にエイモス在り。ですね。

ジャパンツアーの締め括り。さぞや鶴居村の夜は盛り上がる事でしょう。

鶴居村での、宿泊などのご相談はヒッコリーウィンドの安藤さんまで。

2009/4/21 火曜日

お知らせ。

Filed under: Music,お知らせ — admin @ 15:34:01

現在の羊蹄山麓、強風が吹き荒れております。

さて、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、ひそかにトップページの画像を更新いたしました。「遊び仲間」のリンクにも追加が数件ございます。

さてさて、残すところ後わずかとなりました、手持ちアナログ盤のアルファベット順音盤紹介ネタですが、X~Zは英米どちらも該当無しといたしました。よって前回のポストで終了。今後は不定期に、本日の1枚(1曲)の音盤紹介に戻らせていただきます。

今週末の日曜日は札幌のペニーレーン、来週29日には鶴居村のヒッコリーウィンドにてエイモス・ギャレットのライブがございます。

「星屑のギター」を味わえるオーディエンスの皆様が羨ましい!

2009/4/20 月曜日

Slip Kid

Filed under: Music — admin @ 12:55:29

コハクチョウでございます。

おやつ中のミント。

週末は、またしても美味しい日本酒のご相伴にあずかりました。誠に感謝でございます。

大阪からお越しいただいたIさま。無事にフライトできたんでしょうか?

さてさて、音楽ネタ。今回はV。米国のVはまたしても該当なし。

で、英国のV。

アストラル・ウィークス

Van Morrison “Astral Weeks”  1968

英国のR&Bシーンにひとり立ちして、いきなりのこの音世界。すでに老熟しています。これほど一人酒に似合う音楽もないかもしれません。上品で熱い、即興性の高いバックのオブリガートは聴くたびに違った表情をみせてくれます。

今回、どうしてもヴァン モリソンの盤を取り上げたくて、手持ちのアナログをリリース順にあらためて聴いてみました。R&Bなリズムをバックに、唾を飛ばして熱唱するヴァンももちろん素敵ですが、ある意味、静謐でさえあるここでの音は特別です。現在の私の感性では、ヴァンのベストはこれ。

ちょっと長くなりますが、ついでにWも。

Love Is All Around

WAR featuring Eric Burdon “Love is all around”  1976

米国のW。

最近のタイトルでは連名になっていますが、オリジナルは上記タイトルでした。よってここではWARのアルバムということに。

絶頂期のWARにエリック バードンの組み合わせ、知る人ぞ知る盤でしょうが、これぞエリックの歌唱の最高作(?)です。B-1でレノン&マッカートニィの「A day in the life」をカバーしていますが、なかなかの聴きものにしあがっております。

英国のW。

The Who by Numbers

The Who “By numbers”  1975

Whoのディスコグラフィのなかでは評価の低い(顧みられない)盤かもしれませんが、私が初めて入手した彼らのアルバム。肩の力を抜いて楽しめる好盤です。キャリアを代表するような力のある曲は収録されていないものの、はずれの曲もありません。

ちょっと古い話ですが、例のWBCで、試合開始前の日本のスターティングメンバー紹介のバックで、このバンドの代表曲”Won’t get fooled again”が流れていました。ちょっと、びっくり。

ではまた。

2009/4/17 金曜日

Two hearts beat as one

Filed under: Music — admin @ 10:40:37

無心に竿を振り続けるシェフでございます。

昨日は、太陽さんさんなれど気温は低く、西、北西の風強く、またしてもさえないコンデション。

さて、残り僅かとなりました音楽ネタ。今回はU。米国のUは該当なし。

英国(というよりアイルランド)のU。

War(DELUXE EDITION)

U2 ”WAR”  1983

リアルに同時代、同世代のバンドの3作目。

数年後の大傑作、”Joshua Tree”のような貫禄はありませんが、ピコピコなテクノな音、大げさなニューロマの当時のシーンの中では、ひときわ生生しく(ロックらしく)響いたものです。

つい最近、12作目(サウンドトラックを除き)の新作がリリースされましたが、50歳間近のU2な「音」でした。

2009/4/14 火曜日

April in Makkari

Filed under: Mt.Youtei,その他 — admin @ 12:01:15

本日の羊蹄山

凄い勢いで融雪は進んでおります。

水芭蕉の見ごろも間もなくでしょうか。

セキレイ、ヒバリ、オオジシギなどなど、夏鳥もいろいろと飛来してきております。

ウグイスもさえずりはじめました。

モズ

春掘り人参の収穫もひと段落ついたようです。

近所の畑からの頂き物です。形はユニークですが、味は変わりません。

これは数日前の画像。

いよいよ春めいてきた真狩村でございました。

2009/4/9 木曜日

Bird land

Filed under: その他 — admin @ 21:09:37

カワラヒワでしょうか。

夏鳥のやってくる季節です。ヒバリのさえずりも聞こえるようになりました。

今シーズン3度目になる、ショアの鱒釣り。結果は・・・・・(涙)。

しかし、ひねもすのたる海辺でのんびり過すのも悪くはありません。

海辺のバードウォッチングも、なかなか楽しいものでございます。

13:30、島牧村、千走(ちはせ)、を最後に潔く終了。ミントの待つ我が家へ。

途中、嫁からのミッションで、寿都町の吉野商店にて「寒干し糠ほっけ」を購入。

それにしても天気の良い一日でした。

で、ミントですが、日中の留守番で、いじけているわけではございません。ウェスタンドアの向こうから、なにやら美味しそうな匂いが漂っているのであります。

わざわざ遠回りで、収穫の一尾を届けてくれた、シェフM殿。初物、ありがたく頂戴いたします。

2009/4/6 月曜日

Utterly Simple

Filed under: Music — admin @ 17:21:55

本日2度目のポスト。

たんなる思いつきで始めてしまった、アルファベット順の音盤紹介ネタですが、残りも僅かとなりましたので、先を急がせていただきます。

ということで、T。

米国のTから。

Rain Dogs

Tom Waits “Rain Dogs”  1985

トムが場末のジャズシンガー的なたたずまいから、無国籍的自作自演歌手に変貌を始めたころの一枚。空間が猥雑にひしゃげてしまうような、素晴らしい作品。日本版アナログでは、麻田 浩さんのぐっとくるライナーのおまけつきでした。中川 五郎さんの対訳も良い感じでしたね。

英国のT。

ミスター・ファンタジー+5(紙ジャケット仕様)

Traffic “Mr.Fantasy”  1967

面子の趣味、嗜好が全く反映されていない、とほほな音楽。当時はストーンズさえもSgt Pepper’s を造ろうと試みたくらいですから。そんな、ペッパーフォロアーな盤の中ではまだ良い方でしょうか。後追いで聴いた私の耳には「素朴なサイケ」でございました。で、好きなのか?と問われると、けっこうスキ。だったりします。少なくとも、彼らの録音では最も良く聴きます。意匠はともかく、良い曲が多いからでしょう。

ではまた。

That joke isn’t funny anymore

Filed under: Music — admin @ 11:32:27

昨日。今期初の鱒釣りに行ってみました。風向きも思わしくなく、波も少々高め。収穫は無し。

真狩を出る頃は雨が降っていましたが、海岸に近づくにつれ晴れてまいりました。

さて。

久しぶりの音楽ネタ。

今回はS。まずは、米国のS。

Gaucho

Steely Dan “Gaucho”   1980

80年代前半の空気感を、濃く感じさせてくれる一枚。今の耳にも、優しく柔らかく響いてくれる、優れたPOPs。それにしても、凄い録音面子でございます。

英国のS。

ミート・イズ・マーダー

The Smiths “Meat is murder”  1985

ジャケはハードコアパンクスの作品みたいですが、実はそんな音ではありません。ごくまっとうな4ピースのギターポップ。物騒なタイトルはヴェジタリアンの皮肉でしょう。

デジタルサウンド吹き荒れていた当時の音社会ですが、このバンドは極めてアナログ。そんなことも幸いしてか、全く古びておりません。ヨーデルみたいな変な歌唱が好き嫌いの分かれ目でしょうか。

リアルタイムで聴く事のなかった、現在50歳前後になられる、おじ様、おば様にぜひ聴いてみていただきたい、ザ・スミスのご紹介でした。

« 前ページへ次ページへ »

Powered by WordPress